サイトマップ(全目次)











1mmってどのくらい。身近な物で教えて下さい。1mmの物の例。

1mmと1cmと1mの例をまとめたページはこちらをクリック。



10円玉の「1」の数字の太さがちょうど1mmです。下の画像のとおりです。
juuen-kakudai.jpg 

上の画像をやや遠くから見た画像
juuen-tookukara.jpg 


┃┃┃スポンサードリンク
┃┃┃

下記は過去の内容です。上記の通り、格段に身近で正確な方法を見つけたので、下記はその他の身近な例として、必要ならご覧ください。


 一番普及しているシャーペンは0.5のシャーペンです。なので、そのシャーペンの芯の直径が0.5mmなので、その2倍です。
なお、測ってみるとわかることだが、実際のシャーペンの0.5の芯の直径は0.6mmです。なので、下記の内容もいっしょに参考にすると、もっと正確になります。

50円玉の穴の直径が4mmなのでその1/4の長さです。
1円玉の厚さが1.5mmです。なので、その2/3です。これでわかりづらいなら、1円玉を2つ重ねた厚さの1/3でも良い。

それと、
バーコードです。
0.5のシャーペンの芯をバーコードに近づけて0.5mmまたは1mmの幅のバーコードを見つけるんです。
ところで、バーコードは0.5mmや1mmの線が使われることが多いっていうだけであって、実際に測ってみないと、わからないんです。なので自分で確認する必要があります。
すると、次の2つの方法が考えられます。
あ・・・0.5mmのシャーペンの芯をバーコードの線と比べ、0.5mmの幅のバーコードを見つける。そして、その0.5mmの幅のバーコードの線の幅をモノサシとして使う。
い・・・0.5mmのシャーペンの芯をバーコードの線と比べ、1mmの幅のバーコードを見つける。そして、その1mmの幅のバーコードの線の幅をモノサシとして使う。
で、「あ」と「い」とでは、「あ」のほうが簡単に見つけれます。「い」の方だと2倍のものを探すという作業が意外と面倒というか、小さいだけに、目で確認するのが大変なんです。
ということで、結論を言います:
0.5mmのシャーペンの芯をバーコードの線と比べ、0.5mmの幅のバーコードを見つける。そして、その0.5mmの幅のバーコードの線の幅をモノサシとして使う。


 
スポンサーサイト
[ 2014/10/21 02:39 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moc2cf22golb.blog22.fc2.com/tb.php/53-6b232bbc



■1■












■2■


















■3■
■3■