サイトマップ(全目次)











自転車の空気の入れ過ぎと入れな過ぎの比較。私の実体験で比較し、分析した。

自転車の空気は入れすぎるのも良くないが、入れなすぎるのも良くない。結論を言うと、ほどほどが良いというか、極端でなければいいというか。
□ 入れ過ぎの場合:
・ クッション性がない。ガタガタしやすい。
・ 気圧でチューブに無理がかかるので、チューブが劣化しやすくなり、パンクしやすくなる。
□ 入れな過ぎの場合:
・ こぐのがかなり重くなリ、漕ぐのに力が必要になり、疲れやすくなる。実際に乗ればわかるのだが、以外ににかなり疲れる。
・ わかりやすくするために極端な場合を説明します。空気を全く入れないと、重みで圧迫されてチューブにやがて穴があく。で、本題だが、もし空気を少しにすると、その傾向が出てくる。詳しく言うと、車輪ーチューブー空気-チューブータイヤー地面という具合にチューブが挟まれるわけなのだが、重みで空気が間に入らない状態になる。すると、チューブの一部分というか帯状の一部分だけが常に圧迫されてチューブをいため、結果、パンクしやすくなる上に、何回もパンクしやすくなる。

スポンサーサイト
[ 2011/09/16 22:27 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moc2cf22golb.blog22.fc2.com/tb.php/40-4007acc4



■1■












■2■


















■3■
■3■