サイトマップ(全目次)











英語を知らないと外国のサイトやソフトの「警告」とかがわからない

英語を知らないと外国のサイトやソフトの「警告」とかがわからない。
たとえば、あるアメリカのサイトを閲覧しようとすると、英語でなにやら警告みたいな質問みたいなのが出てくることが多いです。その場合、実際は安全なのに、英語を理解出来ない人は、不安になります。用心深い人はその後、そのサイト内でクリックするのが怖くなって、そのサイトを閉じて、そのサイトを閲覧・利用するのをあきらめるかもしれません。
これは、ソフトウェアーでも同じです。ソフトウェアーの中には英語で書いてあるけど、便利なものがたくさんあります。でも、英語を知らないと、前述のサイト閲覧と同様の理由で、利用するのをためらいます。
いまは、翻訳ソフトや翻訳サイトがありますが、その場合も、誤訳が多いし、場合によっては、全く逆の意味で翻訳されることがあります。
対策:
・英語を勉強する
または
・下記のniftyの翻訳サイトを利用する。この翻訳サイトは単なる翻訳サイトではなく、英語を日本語にし、その翻訳された日本語を英語に再び翻訳する。そして、最初の英語と同じ文ならばその日本語訳は正しいという確認ができる。
http://honyaku-result.nifty.com/LUCNIFTY/text/text.php
ただし、最初の英語と翻訳後の英語が一字一句一致することはあまりないと思う。なので、ある程度の英語の知識は必要になるとおもう。




スポンサーサイト
[ 2010/12/26 14:40 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moc2cf22golb.blog22.fc2.com/tb.php/20-3ee92fc2



■1■












■2■


















■3■
■3■