サイトマップ(全目次)











キッチン用のカウントダウンタイマーの音を小さくする方法

今は100円ショップで良いのが売っていますね。しかも、99分99秒以下なら何秒後でも使える。で、キッチン(台所)なら大音量のほうがむしろいいのだけど、他の生活用だとうるさすぎることがあります。生活用とは、この場合、たとえば、「テレビのCM中に他のチャンネルを見よう。でも、うっかり、CMが終わって番組が再開して、いいところを見逃したりしたら困る。そうだ、キッチンタイマーを使おう。でも、何回も、鳴らすと、家族やアパートの隣の人がうるさがる」。こういう場合にはそのタイマーの音を小さくすればいいのです。ところが、たいていのキッチンタイマーは音量調整は付いていません。特に100円ショップのはボリュームなしです。
で、本題のカウントダウンタイマーの音を小さくするには、ですが。
タイマーの音の出るところには直径2mmぐらいの穴があいています。その部分にガムテープを貼ってください。でも、多分それでも、殆ど音の大きさは変わらないと思います。その場合は、針をその穴に突っ込んでスピーカーを傷つければいいんです。失敗しても、100円だから、また買ってくればいいし、これから買うんだったら、3子ぐらい買ってくればいいんだし。では、実際においらがやった経験を以下に書きます。
カウントダウンタイマーを買ってきた → 音を聞いたらうるさかった。店で試しに音を出してみたんだけど(できないようになっているものもあります)、自宅ではもっと大きな音になっていた。原因は、店では、自動車や店内放送などでかき消されて、音が小さく感じてしまうからです。まあ、それはともかく → ガムテープを貼ってみた → 殆ど音は小さくなっていないように感じた。ガムテープは微調整に使ったほうがいい → で、こんどは針をその穴に突っ込んでちょっと奥に入れたあと、出して、音を確かめた。殆ど変わらなかった。 → こんどは、もうちょっと奥にとか、入れてから横にしたり、とかでかなり傷つけたりして、何度か試行錯誤した。 → そしたら、だんだん小さくなってきた → で、ちょっと大きいかな、っていう程度でやめておいた。あとは、ガムテープで微調整って感じです。 → これで、おいらはかなり便利になりました。自分で音を認識できて、しかも、音の迷惑にならないという程度になったので、以後はかなり重宝しています。それから、ついでに言うけど、このように、傷つけると、論理的に考えて、ある時に、全く音がしなくなったり、逆に大音量になったりすることも考えられます。でも、おいらはもう何百回も使っているけど、そういう事はなく、いつも、この適度の音のままで、大変便利に使っています。まあ、かなり重要な場合は、少し面倒だけど、携帯のカウントダウンタイマーも使って、バックアップ的に使っています。
このような適度の音にした場合の用途はまだまだいっぱいあります。たとえば、深夜中に電子レンジでチンしたいんだけど、そのチンという音とか、ピー、ピーっていう音がするとまずい場合です。この場合は、例えば、10分間電子レンジで温めたい場合は、9分後あたりに、このカウントダウンタイマーを使えばいいのです。
とりあえず、100円ショップの全国の店舗一覧のページ




スポンサーサイト
[ 2010/12/24 02:46 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moc2cf22golb.blog22.fc2.com/tb.php/16-d2fd6fe8



■1■












■2■


















■3■
■3■