サイトマップ(全目次)











(笑い話)出版社の面接で「私はコピーが得意です!」と答えた事件

本文:
健太は出版社に面接に行きました。その面接のやり取りです。
面接官: 当社は出版社ですので、コピーが重要な仕事でもあるんです。あなたは、コピーは得意ですか?
健太: もう、すっごく得意です。
面接官: どのくらい得意なんですか?
健太: 前の会社では、コピーは私の担当でした。それどころか、ずっとコピーを担当していて、皆から、「コピーは健太くん以外には考えられない」って言われていました。そのくらい得意です?
面接官: そんなに得意なんですか?じゃあ、ちょっと、テストをさせてください。ここに新製品のカタログの下書きがあるんですが、このコピーを考えてください。
健太: これですと、私ならA4で十分にコピーできます。
(解説: なぜ面白いかというと、面接官は広告のキャッチフレーズという意味でコピーと言った。ところが、健太は複写機を使って紙を複写をする意味で答えた。)
スポンサーサイト
[ 2013/04/24 19:42 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

■1■












■2■


















■3■
■3■